マーベロンでも生理日を調節することが可能

色々な薬

マーベロンなどの低用量ピルは正しく使っていると避妊をすることができるだけでなく、28日サイクルに月経周期を安定することができ、現代社会の女性のライフスタイルに合っている避妊方法です。
低用量ピルには大きく分けて1相性タイプと3相性タイプがありますが、特にマーベロンは国内でも人気があります。
マーベロンには21錠タイプと28錠タイプがあります。
21錠タイプは21日連続で1シートを飲み終えたら7日間薬をストップしてから次のシートを飲み始め、薬を飲まない1週間以内に見かけの月経がきます。

28錠タイプは21錠タイプの成分に含まれていない成分が7錠加わって28錠です。
7錠分には成分が含まれていないため、28日間飲み続けても7日間は薬の服用をお休みする期間を作ることができます。
初心者には28錠タイプがおすすめです。

マーベロンの飲み方は21錠タイプと28錠タイプで異なります。
21錠タイプは1の数字の錠剤から飲み始めて毎日1錠ずつ番号順に飲みます。21日全て服用したら7日間は薬を飲まない期間を取ります。
7日間薬を飲まない期間が過ぎたら、新しいシートの1日目から21日連続で飲んでお休みする期間をサイクルを繰り返します。

21錠タイプを初めて飲み始めるときには生理1日目から1錠目を飲み始めると初日から避妊の効果を得ることができます。
生理1日目で開始できなかったときには、最初の1週間は他の避妊法との併用利用が必要です。
21錠タイプはなるべく一定時刻に飲むことが大切なので、飲みやすい時間帯を設定するようにします。

28錠タイプは白い21錠タイプと緑色の成分が含まれていない薬7錠がシート状になっています。
1という数字の白い錠剤から毎日1錠ずつ番号順に飲み続け、白い薬を21日間飲んでから緑色の薬を7日間連続で服用して、28日間すべて服用したら新しいシートに移ります。
28錠タイプも生理1日目から飲み始めますが、1日目から飲めなかったときには最初の1週間は他の避妊法と併用利用します。

生理周期をマーベロンで調整すると出血量が多くなる?

マーベロンは女性ホルモンの量が少ないのが特徴の低用量ピルで、ホルモン量を抑えることで体への負担を最小限に留めながら、高い避妊効果を発揮することが可能です。
女性の体は女性ホルモンの分泌によって生理などが周期的にやってくるように作られています。
マーベロンを服用すると、体内のホルモンが排卵後と似た状態になるため、脳が排卵後だと勘違いし妊娠を防ぐことができます。
さらに、副効用として生理期間に起こる月経痛を軽くしたり、月経周期を整えるのもメリットです。

子宮内には受精卵を受け止めるクッションのような場所があります。
このクッションは生理によって古いものが剥がれ落ち、再び新しいクッションが準備される仕組みです。
マーベロンには、そのクッションを成長させない作用があるので、クッションが剥がれ落ちる際に起こる生理痛や生理そのものの回数が抑制されます。

また、クッションが大きく育たないので、生理の出血量が減少し、生理期間も短縮されます。
つまり、マーベロンを使用して生理周期を調節しても出血量が多くなることはありません。
副作用などで不正出血などが起こる場合もありますが、ホルモンバランスが安定するに従い副作用の症状も落ち着いてきます。

マーベロンは生理周期を調整することで、旅行やイベントなどに合わせて月経移動をさせることも可能です。
ただし、女性ホルモンの量が少ないことから、用量の多いピルを使って月経移動させる時より、早めに計画して予定日をずらす必要があります。
12時間以内ならずらすことができ、早める分には問題ありませんが、遅くした場合は変更後に不正出血が起こることがあります。

マーベロンを服用するのに決まったタイミングはありませんが、一定時刻に服用することが大切です。
配合されている女性ホルモン量は1日分ですので、24時間が経過すると体内のホルモン濃度が薄くなってしまいます。
飲み方は、基本的に生理の予定日1日目に飲み始めると、初日から避妊の効果を得られます。
1日目より飲むのが遅れた場合、確実な避妊効果が得られるのは1週間後からですので、1週間以内は他の避妊方法を行っておく必要があるので注意してください。