低用量ピルで人気なのはトリキュラー

病院のベッド

避妊だけでなく、生理痛がひどかったり生理不順に悩んでいる女性の強い味方である低用量ピルですが、いざとなると意外と低用量ピルと呼ばれる薬がたくさんあることに驚きます。
その中でも今回は、特に人気のトリキュラーについて紹介していきます。

トリキュラーが人気の理由、その一つに月経周期のコントロールができることにあります。
ひどい生理不順でなくともちょっとしたことで前後してしまう生理が、ある程度来るタイミングを把握できるだけでも色々な計画が立てやすくなります。

主成分はレボノルゲストレルと呼ばれるもので、これはホルモン製剤のひとつで様々な避妊手段に用いられています。
低用量ピルを服用する上での副作用として悩まされる不正出血ですが、レボノルゲストレルの作用で子宮内膜が安定化するためトリキュラーにおいては不正出血は非常に起こりにくくなっています。

このように、メリットが多く安心して服用できるトリキュラーは避妊効果も非常に高く、正しく服用すれば確実に避妊できます。
確実な避妊効果が得られるのは服用を始めてから一週間後になる点に気を付けましょう。
毎日規則を守って飲み続けることで避妊効果が発揮されます。
トリキュラーを服用する時は飲む時間を決めて習慣づけることが、正しく使うためのポイントになります。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプのものがあります。
どちらのタイプも、一日一錠を決まった時間にシートに記載されている指示通りの順番で連続21日飲み続けます。
22日目から1週間は休薬期間になるので、21錠タイプの場合は自分で次の開始日を確認して次のシートを使用し始めます。
28錠タイプは偽薬を含んでいます。

21錠目までは21錠タイプと全く同じものですが、その後に続く7錠は偽薬なので飲まなくても影響はありません。
全て飲み終わったタイミングで次のシートを使用し始めます。
7日間、薬を飲まないでいるとせっかく付けた服用の習慣が失われてしまう危険性もあるので、そういったことが心配な場合は28錠タイプを使うことをおすすめします。

トリキュラーを使って生理周期の調整が出来ます

レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという、2つのホルモン剤を主成分としているのがトリキュラーです。
避妊効果以外にも月経周期を安定化する目的で、処方する医療機関も少なくありません。
また、生理の周期を自分でコントロールするために、トリキュラーを活用する女医も増えています。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。
21錠タイプは全て飲み終わったら7日間休薬を行うのが特徴です。
28錠タイプは21錠目まではホルモン剤が含まれていますが、残りの7条は偽薬といってホルモン剤は含まれていません。
生理周期のコントロールは、どちらのタイプでも行うことが可能です。

月経をトリキュラーで調整するという場合、ピルユーザーかそうでないかで服用方法が変わります。
ピルユーザーであれば早めたい日にちの数だけ、黄色の錠剤を減らします。5日早めたいなら、5錠減らしましょう。
その後、休薬期間に入ると約1日から3日で生理が始まります。
ピルユーザーでないという人は、生理開始から5日以内にトリキュラーを飲み始めましょう。
そして生理を早めたい日に合わせて服用を続けます。

生理を遅らせたいというケースでも、ピルユーザーと非ピルユーザーとでは、少し飲み方が変わってくるのでチェックしておきましょう。
ピルユーザーの場合は、21日目の錠剤を飲み終えたら休薬期間に入らずに、新しいシートから遅らせたい分の黄色い錠剤を飲み続けます。
そして服用を止めると始まるという仕組みで遅らせることが可能です。

非ピルユーザーであれば、生理予定日の5~7日前からトリキュラーを飲み始めて、遅らせたい日までずっと続けます。
生理の周期を上手くコントロールすることが出来れば、旅行やテストなど大事な日に生理が重ならず、憂鬱な気分にもなりません。
トリキュラーでの月経周期調整法を覚えておいても損はないでしょう。